2019年

8月

12日

7月定例会

7月15日(月)綾部市市民センターにおいて綾部青年会議所7月定例会「ビジョン中間発表会」を開催いたしました。
 本年度、綾部青年会議所では綾部市の進むべき方向性を示す「ビジョン」の策定に取り組んでおり、4月には市内青年団体(綾部商工会議所青年部、NEXT、綾部ローターアクトクラブ、水源倶楽部)からも有志の方々に参加をいただき「ビジョン推進協議会」を設立しその取り組みを進めてまいりました。
 7月定例会「ビジョン中間発表会」では、市内青年団体メンバー及び市内各分野の有識者の皆様にご参加いただき、市が直面する主な課題の認識から、まちの強みを活かして現状打破し、まちを発展させるための具体的な提言まで、青年ならではの目線で創り上げたビジョンの中間発表をさせていただきました。
 グループディスカッションや事業後のアンケートでは、多くの様々なご意見をいただくことができ、今後のビジョン策定・推進活動に繋がる実りある事業となりました。
 我々青年が綾部市の未来(あす)を想い今行動を起こすことこそ、これまで諸先輩方が取り組まれた数々の歴史や伝統を時代に引継ぎ、より進化させていくことに繋がり、ひいては綾部市の明るい豊かな社会を築き上げる一助に繋がると確信をしております。
 ご参加をいただきました多くの皆様に引き続きのご支援ご協力をお願いいたしますとともに、心より感謝御礼を申し上げます。

2019年

7月

10日

6月定例会「ママ防災 〜子供の命を守れるママになろう〜」

6月30日(日)、綾部青年会議所の6月定例会として防災事業「ママ防災」をあやべグンゼスクエアで開催しました。より多くの方が参加できる様に2部で構成した本事業は、天候が心配される中、子育て世代と子供を中心に約100名の方々にご参加いただきました。

屋内では講演会を行い、防災ママかきつばた代表の高木一恵様より具体的な例をもとに日頃の備えについてお話いただき、過去の震災の動画を視聴するなど改めて災害時の対応について考える機会となりました。続いて、綾部市防災危機管理課の余田陽一様からは綾部市の災害実情と行政の動きについてご講演いただき、意外と知られていない綾部の地形や断層、災害の可能性について学ぶことができました。

また、屋外では綾部市消防本部様、NPO法人災害救助犬ネットワーク様、株式会社赤尾様、大槻ポンプ工業株式会社にご協力いただき、地震体験車の設置や水消火器、煙体験、災害救助犬のデモンストレーション、非常食のお試しなど、体験を通して防災意識を高めていただきました。

参加者からは、「子どもと一緒に講演を聴けて良かったし、外での体験も一緒になってできてよかった」、「ただ単に防災リュックなどを準備しておけばいい訳ではなく、自分の家庭にあったリュックを見直したい」、「綾部市の実情なども知れてよかった」などの声をいただき、防災意識の向上につながったのではないかと思います。

2019年

5月

24日

5月定例会

5月20日(日)、「つながる」のテーマの下で京都ブロック大会福知山大会が開催されました。ブロック大会とは、京都府下12の青年会議所が一堂に会するスケールの大きい事業であり、我々は5月定例会として参加してまいりました。
綾部青年会議所からは京都ブロック協議会へ共感価値創造委員会担当副会長として髙崎健太君、副委員長として一瀬健太君、委員として荻野力矢君、森脇佑次君、ブロック大会運営委員会へ委員として中村達也君が出向しておりました。
また、大会の式典では厳粛な雰囲気の中、褒賞のプレゼンターとして遠坂和宏君、森脇佑次君がステージで発表されました。惜しくも受賞は叶わずでしたが、堂々としたプレゼンでした。
普段とは違う場所で真剣に頑張っているメンバーを見て、メンバー一同、気持ちが引き締まった思いです。
木戸会長を始め、近畿地区京都ブロック協議会の皆様、大変貴重な機会をいただきありがとうございました。

0 コメント

2019年

5月

01日

4月定例会

4月29日(月・祝)、平成最後となる4月定例会「あやべ丹の国まつり」を開催しました。
 小寺理事長が掲げた「本気の丹の国まつり」をテーマに、綾部青年会議所では市内の青少年団体が街を練り歩くパレードとグンゼスクエアにおける様々なパフォーマンスショー、飲食ブースなどを担当しました。
 今年は例年と異なり、パレードコースの移行や午後の部のイベント企画から準備までを我々が受け持つなど、時間がない中での大幅な変更点もありましたが、おかげさまで当日は多くの子供達と市民の方々に来場していただくことができました。
 午後の部では、まず、飲食ブースとして地元の米とふりかけを使った綾部むすびと青年会議所考案のオリジナルスープを準備し、約800食を市民の皆様に提供しました。そして、パレードに引き続いての京都明徳高校吹奏楽部のマーチングバンド、マジ大道芸人ハマーさんによるプロの大道芸、そしてご当地アイドルcoconや綾部高校ダンス部、R.R(クロスアール)、Dance Studio Rootsによるショーを企画し、日々努力を積み重ねておられる皆様の素晴らしいパフォーマンスをご披露いただきました。来場者はキラキラ輝く彼らの姿に魅了され、子供だけではなく、市民全体の心と記憶に残る1日になったのではないかと思います。
 新たな時代・令和に、100年近く引き継がれてきた「あやべ丹の国まつり」のバトンを繋ぐべく、平成の最後を良き形で締めくくる事が出来ました。

2019年

4月

16日

桜のライトアップ

地域の桜の名所としてより多くの方に訪れていただきたいとの願いを込め、4月2日から15日まで綾部市味方町の紫水ヶ丘公園にて桜のライトアップを行いました。

8日には満開を迎え、綾部JCのメンバーも夜桜を仰ぎながらお花見を楽しみました。

 

紫水ヶ丘公園から見える綾部の街並みはとても綺麗でした。

0 コメント

2019年

3月

31日

青空討論会

3月21日(木・祝)

 

 

 

4月7日(日)の京都府議会議員一般選挙に向けた公開討論会(青空討論会)を綾部市武道館の敷地内にて開催致しました。

 

コーディネーターに福知山公立大学 地域経営学部 准教授 杉岡 秀紀 氏をお迎えし、京都府議会議員一般選挙の立候補予定者2名には、六つの質問に答えるかたちで各人が考える政策について討論していただきました。
有権者である参加者は、お二人の人柄や政策について理解が深まり、京都府議会議員一般選挙の投票を決める一助になったと思います。本日は、延べ100名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。

 

  

 

青空討論会の動画はこちらです↓

https://youtu.be/30p7RadKDVA

0 コメント

2019年

3月

18日

3月定例会

3月16日 北部産業創造センターにて3月定例会を開催しました。

 本年度、一般社団法人綾部青年会議所では、持続性あるまちづくりの礎を築くために、その指針となるまちのビジョンを掲げ、行政や市民へ提言を行う事業を計画・実施しています。本定例会では、その提言事業に対してメンバーの理解を深めるとともに、市内の青年団体の共感を得るため、一般社団法人新潟青年会議所 敦井 一友 先輩(2009年新潟拠点化委員会委員長)並びに綾部市役所企画財政部部長 岩本 正信 様(綾部JCシニアクラブ会員)を講師にお招きして、「ビジョン・提言研修会 〜共感のその先へ〜」を開催しました。

 敦井先輩からは「まちづくりにおけるビジョンの必要性とビジョンのあり方」をテーマに、岩本様からは「綾部市の現状と総合計画について」をテーマに、それぞれご講演を頂きました。講演後には、綾部青年会議所のビジョン委員会から「綾部市市民憲章が目指す都市像」をテーマに発表があり、市内の青年によって構成されるビジョン協議会の構想が述べられました。

 NEXT・綾部商工会議所青年部・綾部ロータアクトクラブ等、市内の青年団体から多数オブザーブにご参加いただき、後の懇親会では意見交換を行い親睦を深めました。

 青年が描く、夢と希望に満ちたまちづくりのビジョンに今後ご期待ください!

2019年

2月

25日

会長公式訪問

 

2月20日(水)、公益社団法人日本青年会議所近畿地区京都ブロック協議会より2019年度会長木戸庸介君をお招きし、会長公式訪問を行いました。
冒頭に、本年度の日本、近畿地区、京都ブロックの方向性について木戸会長よりお話しいただいた後に、三つのテーマに沿って小寺理事長との対談をいただき、約一時間に亘り、青年会議所運動・活動への想いや人生観を熱く語り合っていただきました。
常日頃から、組織や仲間、家族、地域社会について、真剣に考えておられるお二人のお話を聞いて、今後の運動・活動に対してワクワクする期待感を抱くとともに、明日からの活動に一層熱が入る機会となりました。
木戸会長並びに京都ブロック協議会の皆様、ありがとうございました。

2019年

2月

25日

2月定例会

2月17日 北部産業創造センターにて2月定例会が開催されました。
「企業・個人・まちの夢を叶えるクラウドファンディングセミナー」と題して、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームであるCAMPFIREの公式キュレーター、大村和彦氏より2時間に亘るご講演をいただきました。
クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、インターネットを通してクリエイターや起業家がアイデアの共感・賛同を集め、不特定多数の人から資金の調達や協力を得ることを指します。
最近では、被災地の支援など社会貢献につながるプロジェクトで広く知られていますが、企業や商品開発、イベント企画など、チャレンジする人を応援する画期的なサービスであることが分かりました。
また、効果的な広報活動や共感を得るためのポイントなど、クラウドファンディング成功の秘訣を分かりやすく学べ、自企業の発展だけでなく、青年会議所の事業計画にも活かせる発展的な内容でした。
本事業は一般市民からも参加を募るオープン定例会であり、様々な職種の方にお集まりいただきました。ありがとうございました。

2019年

1月

18日

新年定時総会並びに新年式典・懇親会

2018年1月17日(水)

一般社団法人綾部青年会議所の本年最初の定例会、新年定時総会並びに新年式典・懇親会が京 綾部ホテルにおいて開催されました。

新年定時総会では、先ず新入会員入会式が行われ、2名の新入会員が暖かく迎え入れられました。そして、多くの重要案件が全会一致で承認されました。理事長所信や委員長方針を耳にし、議案審議を通じて、メンバーは新体制とその方向性を確認し合うことができました。

また、新年式典・懇親会では、日頃からお世話になっている顧問の皆様をはじめとするご来賓、歴代理事長、綾部JCシニアクラブの会員、OB会員、特別会員の皆さまに大勢ご列席き、ご祝電を賜りました。この場をお借りして、一同心より厚く御礼申し上げます。

小寺理事長の故郷(ふるさと)を想う挨拶は感動を生み、会場は静まり返り、皆の心が一つになりました。笑顔と笑い溢れる懇親会の後は、全員で肩を組み、「若い我等」を斉唱し、志を共にする貴重な時間を共有出来ました。

 

2019年度の綾部青年会議所は、スローガン 「夢 希望 感動 〜慧眼の士となり信念を貫け!愛する故郷のために、今!〜」 を掲げ、夢の実現に向けて一丸となって運動・活動してまいります!

一般社団法人綾部青年会議所

2019年度 スローガン

一般社団法人綾部青年会議所 

 

〒623-0021

京都府綾部市本町2丁目14番地

 

あやべハートセンター内3階

TEL 0773-42-0489

FAX 0773-43-2489

E-mail jcayabe@gaia.eonet.ne.jp

リンク

<公益社団法人日本青年会議所>

<京都府内各青年会議所>

<綾部青年会議所 関係諸団体>