2017年

1月

01日

2017年度 理事長所信

第56代理事長 浅巻 礼

 

一般社団法人 綾部青年会議所 2017年度 スローガン 

 

Go to the next Stage

 

~新時代を切り開くJAYCEEになれ~

  

【はじめに】

 一般社団法人綾部青年会議所は、1957年、38名の青年によって、その灯がともされました。当時の青年たちの志は、今日に至るまで一瞬たりとも途絶えることなく、新たな時代の青年たちへと受け継がれてまいりました。昨年は、創立60周年認承55周年という節目の年を迎え、無事に周年関連事業を終えることができました。これもひとえに先輩諸兄並びに関係各位、綾部市民の皆様のおかげであると深く感謝いたします。

 青年会議所は、ただ単にものを申すだけではなく、英知と勇気と情熱を結集し行動を起こすことで社会を変革できる団体です。変革の能動者として責任と自覚を持ち本気になって行動することが、我々青年に課された使命であります。

 綾部青年会議所は大きな節目の年を経て、より強固な組織へと変貌を遂げることができました。しかしながら、組織としての全ての課題が解決したわけではありません。我々は成熟した組織となるべく、次なるステージへと歩みを進めていかなければなりません。青年の想いがひとつになったとき、新時代への扉は開かれます。

 いつの時代も青年の行動によって歴史が築かれてきたように、我々青年が新たな時代を切り開いてまいります。

 

【地域の魅力創出】

 山紫水明の地であるふるさと綾部には多くの文化や歴史、魅力溢れるスポットや食が溢れています。しかしながら、それらの魅力が綾部市外に十分に伝わっておらず、地域の魅力として効果的に発信できていないのが現状です。潜在的な魅力のままでは、知っていただくことすらできずに、綾部の地を訪れてみたいと思っていただけるだけの動機づけにはなりません。綾部の地をより一層輝かせるために、新たな価値を創出し、この綾部特有の魅力へと昇華させるため活動してまいります。また、昨年、綾部青年会議所は周年記念事業として綾部の魅力を発信するキラーコンテンツとなることを目指しご当地アイドルグループ「cocon」を誕生させました。キャッチーで誰もが親しみやすい媒体を効果的に活用し、地域の魅力を発信します。そして、市民を巻き込んだムーブメントを起こし、魅力溢れるまち綾部に訪れてみたいと思っていただけるような運動・活動を展開してまいります。

 

【未来の創造】

 我々が子供のころに描いていた未来図は、現在どこまで実現されているでしょうか。多くの仲間たちが、このまちを離れ、別々の地域でそれぞれの生活を営んでいるのが現状ではないでしょうか。子供たちはこのまちの希望です。子供たちがこのまちの未来に夢や希望を抱ける社会を実現するためにも、我々は地域を活性化させ、地域を愛する気持ちを育んでもらうために活動しなければなりません。子供たちに、もっとこのまちを好きになってもらいたい。夢や希望を抱きながらこのまちで学び成長していってほしい。そして、ふるさと綾部を愛する子供たちが成長し大人になって、愛郷心溢れる子供たちをまた育てていってほしい。そのためには、我々青年が、地域の現状をしっかりと把握し、子供たちの輝かしい未来を創造していく必要があります。

 

【青年経済人の育成】

 昨年の綾部青年会議所は、会員拡大に励み、会員数が倍以上になりました。本年度も引き続き拡大に励み、昨年以上に志を同じうする仲間を増やしていく所存です。なぜ、会員拡大をするのか、その本質を問われたとき、ただ単に団体の存続が危ぶまれてきたからだという理由には決してなりません。地域を再興するためには、青年経済人の活躍が必要不可欠であるからです。同じ志を持った仲間が一人でも増えることによって地域再興へ向けた運動・活動は更なる広がりを見せます。我々は、青年経済人として地域全体を見据えることができるビジョンを持った人財でなければなりません。そして、地域で活躍できる青年経済人を育成することが、今の綾部青年会議所に課された責務であると心得活動してまいります。

 

【情報発信】

 我々の運動・活動が地域の皆様の共感を集め、ムーブメントを起こすためには、青年会議所の活動情報を効果的に発信し、多くの方々の目に触れることで、活動に対してのご理解とご協力を賜わることが不可欠であると考えます。我々の運動・活動を効果的に発信するために、ホームページおよびソーシャル・ネットワーキング・サービスを活用した発信手法の再構築を行います。また、地元新聞社やFM放送局、各マスメディアとも連携し様々な媒体を活用した情報発信に努めてまいります。

 

【組織の運営】

 我々青年会議所が団体組織である以上、そこにはルールが存在します。近年の理事会や定例会において、しっかりとルールが遵守されているといえるでしょうか。毎回行うセレモニーが形骸化してはいないでしょうか。それぞれの自企業や職場に置き換えた場合、社内のルールを軽視し自社の社訓や方針をはっきりと大きな声で唱和することのできない社員のことをどう思うでしょうか。会員の半数以上が新入会員となり、経験の浅いメンバーも要職を担い新しい血が通うようになった現在の組織図だからこそ、まずは、JCプロトコルの遵守、そして形骸化しがちなセレモニーも意識高く執り行うことによって、自覚と責任感を持った青年団体として足並みを揃えることができるよう組織を運営してまいります。

 

【おわりに】

 昨今、青年会議所の門を自らたたく若者は残念ながらほとんどいなくなりました。それは、青年会議所の影響力が低下したからなのか、または、青年会議所自体のイメージが悪くなり魅力ある団体として認知されなくなってしまったからなのか、理由を挙げ出したら様々な要因が出てきます。今の時代の青年会議所に入会した動機は人それぞれでしょう。もしかしたら、最初は活動にあまり気乗りがしなかった人もいるかもしれません。しかしながら、ここに集えば、「このまちを少しでも良くしたい」「自分が住み暮らすまちをもっと魅力的にしたい」といった想いでただ純粋に目的に向かって日々仲間と切磋琢磨しながら活動している自分自身に出会えます。そして、同じ志を持った仲間と同じ時間を共有し、互いの想いを語り合えば合うほど、絆は強固なものとなり、生涯を通して信頼し合える仲間となり得ます。

 綾部青年会議所に集いし仲間たちが情熱を燃やし、全力で活動していくことが輝かしいあしたがひらける一歩になると確信しています。

 

 

綾部を変えよう

 

まちを変えられるのはJCだけだ

 

JCが動かなければ、まちは、ひとは動かない

 

今こそ行動を起こそう

 

我々青年が新時代を切り開こう

 

0 コメント

一般社団法人綾部青年会議所

2017年度 スローガン

    Go to the next Stage

~新時代を切り開く

                      JAYCEEになれ~

一般社団法人綾部青年会議所 

 

〒623-0021

京都府綾部市本町2丁目14番地

 

あやべハートセンター内3階

TEL 0773-42-0489

FAX 0773-43-2489

E-mail jcayabe@gaia.eonet.ne.jp

リンク

<公益社団法人日本青年会議所>

<京都府内各青年会議所>

<綾部青年会議所 関係諸団体>